YAMA WALKER

山っていいよね。

みんな大好き筑波山!見晴らしは圧倒的だった!

 4/30、世間はゴールデンウィークに突入している。

われらもそれに便乗して、前日の百蔵山に続き

筑波山に行ってきた。

 

今回のメンツはTKを筆頭に筑波登山のためだけに

仕事仲間等で結成されたTKファミリーだ!

 

KP嬢、二羽P、KP嬢の夫(仮)であるゴールデン旦那を含めた5人での筑波山登山だ。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170810033543j:plain

(ファミリーのボスTK@筑波山山頂にて)

 

 

 

GWは文句なしの登山日和!

 

GWのスタートダッシュを切る4月最後の2日は

非常に天候がよく、絶好の登山日和だった。

 

今回はTK号ではなくKP嬢夫妻が車を出してくれ、

ゴールデン氏の運転にて筑波山に向かう。

 

GWということもあって高速が混むことを想定し、AM4:45に

待ち合わせをし、5:00過ぎには出発をした。

 

途中インターなどに立ち寄ったり

ゴールデン氏お手製のおにぎりを朝食代わりにみんなで

食べたりしながら、約2時間半ほど高速を走る。

 

7:30頃、筑波山登山口の駐車場に到着した。

準備を整え、そのまま登山スタートだ!

 

 

f:id:yamawalker:20170810135124j:plain

 

 

すばらしい、空が青すぎる!

山に登らずしてどこを登ろうか。

 

 

f:id:yamawalker:20170810135138j:plain

 

 

準備をして早々に登山開始だ!

 

 

 

神社にあいさつして筑波山を目指す

 

 

f:id:yamawalker:20170810135152j:plain

 

 

 

 牛は守り神だ。

もう焼肉なんぞできんぞ。。。

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170810135206j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170810135220j:plain

 

 

登山というより、登山の服装で神社巡りをしにきたのだろうか。。

 

 

f:id:yamawalker:20170820133340j:plain

f:id:yamawalker:20170820133403j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820133436j:plain

 

 

前方の4人、こうやって見ると服装がバラバラ。

二羽Pなんか登山する気全くナッシングスタイル。

 

TKと二羽Pの服装の温度差は一体。。。

 

f:id:yamawalker:20170820133451j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820133507j:plain

 

 

門番2名が入山者チェックを厳しくしている。

こいつらに目をつけられるととんでもないことになるとかならないとか。

 

f:id:yamawalker:20170820134300j:plain

f:id:yamawalker:20170820134313j:plain

 

 

神社の境内のわき道から登山道へと通じている。

 

 

f:id:yamawalker:20170820134326j:plain

f:id:yamawalker:20170820134340j:plain

f:id:yamawalker:20170820134354j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820134433j:plain

 

なかなか立派な大木だ。

登り始めは杉の木が多いようだ。

道は比較的整備されているので歩きやすい。

 

f:id:yamawalker:20170820134446j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820134509j:plain

 

 

事あるごとに色んなものを祭りたがる。

 

f:id:yamawalker:20170820134523j:plain

 

弁慶七戻りでKP嬢も七戻りしそうだ。

一度たりとも戻ることがないようよろしく頼む!

 

f:id:yamawalker:20170820134541j:plain

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820134553j:plain

 

 

見事に岩のトンネルが出来ている。

くぐっている最中に落ちてくるなんてことは無いよな。。

 

 

f:id:yamawalker:20170820135327j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820135428j:plain

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820135433j:plain

 

落石は免れたが、野鳥の糞でも落下してきたか?

頭を押さえながら逃走するTK。

 

f:id:yamawalker:20170820135440j:plain

 

 

真っ先に母の胎内くぐりに向かうゴールデン旦那。

何やら思うところがあるようだ。。。

 

 

f:id:yamawalker:20170820135514j:plain

 

 

体内をくぐりながらゴールデン旦那は何を感じているのだろうか。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820135623j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820135649j:plain

 

 

母の胎内から無事ご誕生されたKP嬢はすこぶるご満悦。

生まれたての笑みだ。

 

 

f:id:yamawalker:20170820135719j:plain

 

TKも負けていない。

が、こっちは誕生に少々苦戦している。かなり苦しそうだが

ちゃんと生まれることができるのか??

 

 

f:id:yamawalker:20170820135723j:plain

 

苦しそうだ。。。

生みの苦しみではなく、生まれの苦しみというやつだ。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820135730j:plain

 

なんとか産まれた!

すがすがしい顔で自身の誕生を喜ぶTK。

これからの人生への新たな門出だ、しっかり生きてくれ。

 

 

f:id:yamawalker:20170820135735j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820135807j:plain

 

 

穴があれば入りたがるKP嬢。

かくれんぼなら彼女に敵う者はいない。

 

f:id:yamawalker:20170820135837j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820135922j:plain

f:id:yamawalker:20170820135935j:plain

f:id:yamawalker:20170820135952j:plain

f:id:yamawalker:20170820140007j:plain

 

 

 

女体山山頂からの眺めは爽快度200%超!

 

9:50頃、標高800mオーバーの筑波山に到着した。

 何かとワチャワチャしながら登ったので約2時間半くらいかかった。

 

女体山の頂上からの景色が糞すばらしい。

正直なところ800m台の低山ということもありあまり期待はしていなかった。

 

こんなに遠方がよく見渡せるとは思ってもなく

霞がかってはいるが見晴らしのよさは圧巻だ。

 

f:id:yamawalker:20170820140158j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820140213j:plain

 

 

 

 

遠くまで見渡せる!さりげないカメラ目線も #筑波山 #登山部 #山頂 #カメラ目線

 

 

二羽Pが動画を撮影していることに気付き

さりげないカメラ目線を送ってくれた。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820143244j:plain

 

 

こんなに展望がよく、登りやすい山なら気軽に絶景を

楽しむことができる。

みんなが筑波山大好きな理由もよくわかる。

 

 

f:id:yamawalker:20170820140226j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820140250j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820143522j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170820140337j:plain

f:id:yamawalker:20170820140352j:plain

f:id:yamawalker:20170820140403j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820143419j:plain

 

 

と、ここでTKがいつものドヤ顔をキメてきた。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820140532j:plain

 

 

 

さらに調子にのったTKは下界に向けてカメハメ派を放った!

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820142948j:plain

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820144007j:plain

f:id:yamawalker:20170820144020j:plain

f:id:yamawalker:20170820144034j:plain

f:id:yamawalker:20170820144048j:plain

f:id:yamawalker:20170820144102j:plain

f:id:yamawalker:20170820144116j:plain

 

 

女体山頂からの展望を堪能し、少し休憩&昼食にし、その後は男体山へ。

 

 

f:id:yamawalker:20170820144130j:plain

 

f:id:yamawalker:20170820144702j:plain

 

 

男体山の神社に祈りを込める3人。

 

 

f:id:yamawalker:20170820144826j:plain

 

 

ゴールデン旦那はKP嬢に尻にしかれているため

権力を取り戻せるように祈願し、KP嬢はゴールデン旦那が

フラつかないこと、旦那の収入アップについて深く祈願していた。

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820144840j:plain

 

 

それぞれしっかり祈り込んだので下山を開始する。

 

 

f:id:yamawalker:20170820144852j:plain

 

 

下山途中にケーブルカーが行きかうのを見ることができる。

たいして珍しくもなんとも無いのだが、こういうのはどうしても見てしまう。

 

 

f:id:yamawalker:20170820144936j:plain

f:id:yamawalker:20170820144949j:plain

 

 

必死にケーブルカーを見学するTK。

いつになってもロマンを持ち続ける男の代名詞ともいえよう。

 

 

f:id:yamawalker:20170820145042j:plain

 

 

 

線路はロマンだ!#ケーブルカー #山 #筑波山 #線路

 

 

ケーブルカーの中の人が手を振っていたので

自分は両手を挙げて大手を振り見送って差し上げた。

たいそう喜んでくれたことであろう。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820145119j:plain

f:id:yamawalker:20170820145133j:plain

f:id:yamawalker:20170820145147j:plain

f:id:yamawalker:20170820145203j:plain

f:id:yamawalker:20170820145221j:plain

f:id:yamawalker:20170820145237j:plain

 

13時半過ぎ、神社まで下山してきた。

上で比較的ゆっくりしていたので、割といい時間に降りてくることができた。

 

このあたりはガマの油が有名で、ガマ蛙が店にいるとの情報を聞きつけ

せっかくなのでガマ見学しに行ってきた。

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820145426j:plain

f:id:yamawalker:20170820145442j:plain

f:id:yamawalker:20170820145454j:plain

f:id:yamawalker:20170820145507j:plain

f:id:yamawalker:20170820145520j:plain

f:id:yamawalker:20170820145535j:plain

f:id:yamawalker:20170820145548j:plain

 

 

 

残念ながらガマは写真禁止だったので撮影することができなかった。

 

 

この店の主は実にガマ顔をした女将で、

ガマがどこにいるかわからなかったのでもしやガマとは

このおばちゃんのことかと疑ってしまった。

 

ゴールデン旦那はガマ顔女将を見るやいなや

 

「ガマがしゃべってる!!」

 

「ガマがお茶を飲ませてくれるぞ!」

 

とか失礼なことを叫んでいた。

 

 

実物のガマ蛙はちゃんと水槽の中に飼育されていた。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170820145601j:plain

 

 

 

ハイキング気分で絶景を堪能できた

 

登山道は比較的歩きやすかったが急勾配も時々あった。

楽々スイスイに登山ができるわけではないが、

ハイキング的なノリで、これだけの絶景が堪能できるスポットも

そうはないのではないだろうか。

 

実際に二羽Pの服装は完全に普通のカジュアル服だ。

それくらい気軽に登れる山でもあり、

神社付近散策などちょっとした観光も楽しむことが出来る。

 

天気のよい休日にはお勧めのアウトドアスポットだと感じた。