YAMA WALKER

山っていいよね。

陣馬山、登りにオススメのコースは?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

6/4(土曜)午前中天気が良かったので、陣馬山に登ってきたので

レポートしてみようと思う。

 

陣馬山登山記

 藤野駅から徒歩で山頂入り口まで向かう。

 

f:id:yamagood:20160606023159j:image

 

 

f:id:yamagood:20160606023237j:image

 

 

向山になんだか不思議なハートマークの付いた四角い物体が見える。

何でも藤野名物のラブレターだそうだ。。

 

f:id:yamagood:20160606023530j:image

 

 

f:id:yamagood:20160606023557j:image

 

 

登山口に行くにはこのトンネルをくぐらなければならない。

 

f:id:yamagood:20160606063643j:plain

 

トンネルの中はひんやりと涼しい。

 

f:id:yamagood:20160606063810j:plain

 

トンネルを抜けてひたすら歩く。

前方には明らかに登山者と思しき御一行がチラホラ。

 

 

f:id:yamagood:20160606063727j:plain

 

f:id:yamagood:20160606063832j:plain

 

途中に神社の鳥居があり、こういうのにはなぜか惹かれてしまう。

 

f:id:yamagood:20160606064445j:plain

 

道中にきれいな花畑を発見!

 

 

f:id:yamagood:20160606064450j:plain

 

この看板が陣馬山登山口への目印。

 

 

f:id:yamagood:20160606064454j:plain

f:id:yamagood:20160606064501j:plain

 

 

コースはいくつかあるが、メジャーなのは

一の尾根コースと栃谷コース。

 

初めてだったので、とりあえず無難にこの2つのコースで

行ってみようと思う。

 

どちらから登るか迷ったのですが、登りやすくファミリー向けなのは

一の尾根コースで登り、栃谷コースから下るパターンだそうだ。

 

こういう場合、普通のレールに乗らないのが自分の性分でして

栃谷コースから登り、一の尾根コースで下るパターンを選択!

 

f:id:yamagood:20160606064506j:plain

 

登山道といっても、地元住民の方が通行する

普通の道が続く。。。

 

f:id:yamagood:20160606064609j:plain

 

ヘビイチゴが生えている。

食べてもおいしくないことからヘビが食べるイチゴとの逸話からついた名。

毒があるとの噂がありますが、実際は無毒。

小さいころに食べたが、特においしくはなかった。

用途は漢方の生薬として使われるそうだ。

 

f:id:yamagood:20160606064610j:plain

 

道中、柚子の売店と思しき小屋を発見。

12時から営業とのこと。

 

f:id:yamagood:20160606064612j:plain

 

ここから栃谷尾根コースと奈良子尾根コースの分かれ道。

今回は栃谷尾根コースなので、左に行く。

 

f:id:yamagood:20160607082629j:image

f:id:yamagood:20160607082739j:image

 
集落まで登ってきた。
分かりにくいが、栃谷コースの入り口は民家の隙間だ。
 
f:id:yamagood:20160607083033j:image
 

こんな感じで民家の横道をテクテクと

登って行く。

 
 
f:id:yamagood:20160607083151j:image
 
モンキーが出現する模様。
 

 f:id:yamagood:20160607083306j:image

 

茶畑!

 

 

 f:id:yamagood:20160607083323j:image

 

茶畑から見える絶景!

この辺りの住民の方は羨ましい限り。

 

f:id:yamagood:20160607083749j:image

 

やっと入り口が見えてきた〜

ここからが本場。

 

栃谷コースは古くからある古道で、

昔の人も陣馬山に登る際歩いた道だ。

藤野駅を出発したのが9時過ぎくらい、

この時点で10時15分。

 

気楽に登って行こう。

 

f:id:yamagood:20160607084216j:image

 

f:id:yamagood:20160607084231j:image

 

f:id:yamagood:20160607084424j:image

山いちごを発見、美味しそうなので食べてみる。

 

f:id:yamagood:20160607084746j:image

 

甘酸っぱくて美味しい!

 

f:id:yamagood:20160607230725j:image

 

 

 

f:id:yamagood:20160606064645j:plain

 

そうこうしているうちに残り200mまで接近!

もう少し〜

 

f:id:yamagood:20160606064647j:plain

 

最後のラスボス!

これを登りきれば山頂が待っている!

 

f:id:yamagood:20160606064648j:plain

 

山頂に到着!

一気に開けた場所が一面に広がる。

 

 

f:id:yamagood:20160606064649j:plain

 

 

青空になびく氷旗が爽快!

 

 

 

f:id:yamagood:20160606064653j:plain

 

 

いたいた、例の白馬。

 

 

 

f:id:yamagood:20160606064652j:plain

 

白いから余計に絵になる。

 

 

 

f:id:yamagood:20160606064654j:plain

f:id:yamagood:20160606064655j:plain

f:id:yamagood:20160606064657j:plain

f:id:yamagood:20160606064659j:plain

f:id:yamagood:20160606064700j:plain

 

 

栃谷の道中はとても人が少なく、休日なのに

人気のないスポットなのかなと思っていたが

山頂に到着すると結構人が多かった。

 

しかし見ての通り、山頂がかなり開けて

広々としていることから、人の多さが気にならないのが

陣馬山の良いところ。

 

天気がよければ、レジャーシートなんかをしいて

山頂でのんびり昼寝なんて最高だろう。

(寝ている人、いましたし)

 

栃谷コースの入り口を出発したのがAM9:30くらい。

山頂に到着したのがAM10:50分。

大体1時間20分くらいで到着した。

 

気持ちが良かったので

休憩がてら少しぼけ〜っとして、11:40分頃下山開始!

 

 

f:id:yamagood:20160606064701j:plain

 

 

帰りは一の尾根コースで下山!

 

f:id:yamagood:20160606064702j:plain

f:id:yamagood:20160606064705j:plain

f:id:yamagood:20160606064706j:plain

f:id:yamagood:20160606064708j:plain

f:id:yamagood:20160606064707j:plain

f:id:yamagood:20160606064709j:plain

f:id:yamagood:20160606064710j:plain

 

f:id:yamagood:20160606064713j:plain

f:id:yamagood:20160606064712j:plain

f:id:yamagood:20160606064714j:plain

f:id:yamagood:20160606064715j:plain

 

風車を売っている様子。

買う人いるのだろうか??

 

f:id:yamagood:20160606064716j:plain

 

スタート地点に降りてきました。

時間は12:25分、約40分少々といったところだろうか。

 

全然午前中登山が出来てしまった。

 

栃谷コースは人が少ない

 

何と言っても片道1時間半ほどで登れ

山頂は開けていて見晴らしが良い。

 

栃谷コースを登りに選んだことで

人に遭遇することが少なかった。

 

栃谷コース登りのデメリット

 

栃谷コースを登りにすると普通の道が長い。

地元住民が通るための道でもあるので車との遭遇もある。

 

栃谷コースを登りにする人は少ない傾向にあるので

自分一人が登っている状況になる。

また、坂も急な箇所があり比較的疲れが出やすいことも

あるだろう。

 

どちらから登るのがオススメか?

歩きやすさを優先するのであれば、

一の尾根コースが登りに向いていると言われるように緩やかな道が多く、歩きやすい。

 

植林などで薄暗い雰囲気ではなく、原生林の明るく爽やかな

道が続くので、新緑芽生える今のシーズンであれば

原生林の豊かな緑が楽しめる。

 

一方、昔からの古道である栃谷コースは

林道が長く、登山口まで距離がある。

坂も一の尾根コースに比べると急な傾向にある。

こちらも原生林が多いのだが、山深い感じもあり

若干薄暗さが否めない。

 

しかし、登山道入り口付近のお茶畑から下界を

見下ろすのは、これから山頂を目指す者の

気持ちを鼓舞する。

 

栃谷コースを登りに選ぶ人は少ないので気楽に歩くことができる。

空いている道を登りたいのであれば

栃谷コースがオススメだ。

 

総評

登って降りるだけなら3時間ほどで

気軽に登山を楽しむことができた。

 

自分の場合、下山は少し走ったりもしたので

多少早いペースだったかもしれないが

人が増える前を見計らっての午前中登山も気軽にできるだろう。

 

山頂はとても開けていて見晴らしが良く、人が多くても

さほど気にならない。

 

普段は富士山も見えるそうだが

この日はたまたま雲がかかってしまっていて

まったく見えなかった。

 

名物、白馬がいることも話題性があり

ネタ作りにも良い山と言えるのではないだろうか。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村