YAMA WALKER

山っていいよね。

高水三山を縦走してきたら熊の親子に遭遇した

 

 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

http://www.anawalls.com/images/animals/bear-fish-fishing-water.jpg

出典:http://www.anawalls.com/

 

 

ガチ熊と思しき生物が親子連れでのっそのっそと歩いていたのを

我らハイキング部一行は目撃した。

 

 

軍畑より高水三山を目指す

 

5/21(土)、この日はとても天気が良く

登山にとても最適な日だった。

 

今回は15人ほどのハイキング仲間と一緒に行動を共にした。

 

高水三山は奥多摩方面へ向かう途中の

軍畑駅からスタートして登るのが一般的な山だ。

 

高水山(759m)、岩茸石山(793m)、惣岳山(756m)の3つの山を総称して

高水三山と呼ぶ。

 

いずれも低山でありハイキングに最適な山として人気が高い。

 

軍畑駅を出発して山中をひたすら歩いて行く。

 

低山とは言え、3つの山を縦走するので

そこそこ距離はある。

 

が、比較的歩きやすい道であったので

適度に立ち止まりながら一行は進んでいく。

 

高水山常福院で一休み

 

 

f:id:yamagood:20160521123928j:plain

 

高水山には、高水山常福院というお寺がある。

こちらのお寺では小休憩も兼ねてお参りをする人も多い。

そのためか、お寺では市販の天然水を販売していたり、お手洗いもある。

 

 

f:id:yamagood:20160521125724j:plain

f:id:yamagood:20160521125720j:plain

 

高水山から岩茸石山へ向かう道中は

ハイキングコースとして歩きやすい感じの道だ。

 

岩茸石山のパノラマ展望は必見!

 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yamagood/20160521/20160521133349.jpg

 

 

岩茸石山からの展望はとても見晴らしが良く

向山や下界が一面に広がる絶景だ。

 

一行は広々とした風景を眺めながら、ここでお昼休憩に入った。

 

f:id:yamagood:20160521133417j:plain

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yamagood/20160521/20160521133545.jpg

 

惣岳山の大樹に圧倒される

1時間ほどのお昼休憩を終え、ここから約40分ほどの

惣岳山に向かう。

 

道中は変化の多い道があったりで少々疲れてきたせいか、

みな黙々と足を前へ進める。

 

f:id:yamagood:20160521153547j:plain

 

見づらくて申し訳ないが、道中には思わず見上げてしまうほど立派な

大樹が根付いている。

 

 

f:id:yamagood:20160521153520j:plain

 

惣岳山山頂は展望悪し!

 

 

f:id:yamagood:20160521150914j:plain

 

この神社と思しき祠がある場所が惣岳山の山頂だ。

噂通り展望が悪い。

 

ここで少しだけ休憩して、そそくさとこの場所を後にする。

 

熊らしき動物2体を目撃する

 

http://d13n9ry8xcpemi.cloudfront.net/photo/odai/400/c03919e5adacfb403e34eb993965b95c_400.jpg

出典:http://bokete.jp/odai/355647

 

 

惣岳山を下山している最中だった。

我々が180度カーブにさしかかろうとしたその道先を

何やら黒い物体が2体のっそのっそと横断している。

 

一同は立ち止まり、マジか。。。

と言わんばかりに唖然としている。

 

 

熊だ。

 

http://pds.exblog.jp/pds/1/200705/07/33/a0087133_2171034.jpg

出典:http://ihatovnote.exblog.jp/5548070/

 

しかも親子連れと思われる。

 

唖然とするあまりにみな写真、動画を撮るのを忘れていたので

信憑性がないのは致し方無い。

 

恐らくこっちに来たらどうしよう、

どうやって逃げるかを考えていたに違いない。

 

後方にいたメンバーは必死に動画を撮ろうとしていたが

見えなかったようで、結局誰も証拠画像を残すことができなかった。

 

幸いにもこちらに気づかなかったのか、向かって来なかったので

難を逃れることができた。

 

そういえば道中にクマ注意の看板が出ていた。

本当にいるのだと、人ごとではないことを実感した。

 

 

 

実際、Wikipediaには以下の様な記述がある。

 

人里や幹線道に囲まれている青梅丘陵ハイキングコース側(入門者向け)と違い、奥多摩、奥秩父を貫く深い山奥のツキノワグマ生息域に抵触するため、イノシシと併せ、遭遇への備えと心構えはしておくべきである。
インターネット上を検索などで調べるとわかるとおり、2011年冬にも高水山の寺社付近で積極的に襲撃を受けた例があり、時折負傷者も出ている。

引用元:Wikipedia

 

やはりいるようだ。

 

しかも積極的に襲撃を受けているらしい。

積極的な熊には出会いたくないものである。

 

今回のは積極的ではなかったのかもしれないが

熊対策の重要性を身をもって体感した。

 

御嶽駅へ無事下山

 

今回のゴールは御嶽駅

登山開始から約6時間、無事に下山することが出来た。

 

f:id:yamagood:20160521154059j:plain

 

 

 

f:id:yamagood:20160521170715j:plain

軍畑駅を出発したのが11:00くらい

下山が17:00だったので約6時間程のハイキングだった。

 

道中、ハプニングもあったが山の魅力と危険を

同時に感じることができた。

 

高水三山を訪れようとしている人は

ぜひとも積極的に注意して頂きたい。

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


アウトドア ブログランキングへ