YAMA WALKER

山っていいよね。

八ヶ岳日帰り登山!赤岳は地獄山だった!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

阿弥陀岳では崖っぷちをまさにクライミングしてようやくの思いで

上り詰めることに成功した。

 

 

yamawalker.hatenablog.com

 

我々は今回の登山の本命である赤岳を目指して

険しき道のりを突き進む!

 

 

中岳の後に待つのは地獄の急勾配!

 

阿弥陀岳から赤岳に向かう途中には中岳を通っていかなければならない。

中岳からは阿弥陀岳の姿がよく見え、あらためて見ると

よくあんなところに登ったものだと思わずにはいられない。

 

 

f:id:yamawalker:20170725001849j:plain

 

 

 

中岳には没者と思しき人のプレートが置いてある。一体誰なんだろうか。

 

 

f:id:yamawalker:20170725001834j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725001902j:plain

 

赤岳に向かうにはこの急斜面を登っていかなかればならない。

石まで積んであって、まるで閻魔大王のいる地獄を思わせるような光景だ!

 

 

f:id:yamawalker:20170725001916j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725002029j:plain

f:id:yamawalker:20170725002044j:plain

f:id:yamawalker:20170725002108j:plain

f:id:yamawalker:20170725002125j:plain

f:id:yamawalker:20170725002143j:plain

f:id:yamawalker:20170725002156j:plain

 

実際に登ってみればわかるが、この斜面、かなりキツイ。

ほとんど富士山を登っている感覚と同じだ。

 

山頂に近づくにつれてトゲトゲに尖った岩肌が多くなってくる。

本当にアニメなんかでよく見る地獄のようだ。

 

 

f:id:yamawalker:20170725010618j:plain

 

向山には権現岳がよーく見える!

こちら側からも尾根伝いに行くことはできるらしいのだが

実際に行く人は少ないらしい。

自分たちの山行中に向かう人はいなかった。

 

 

f:id:yamawalker:20170725010630j:plain

 

応援プレートが置いてある!

なんだか元気がでるじゃないか、こんな気遣いをしてくれた人に感謝!

 

f:id:yamawalker:20170725010642j:plain

 

最強の鎖場&岩場!

山の荒々しさが伝わってくる。

 

f:id:yamawalker:20170725010657j:plain

 

ものすごい隆起の仕方だ。

八ヶ岳は火山地帯であることから、太古の昔の噴火によってできたのだろう。

 

f:id:yamawalker:20170725010711j:plain

f:id:yamawalker:20170725010724j:plain

f:id:yamawalker:20170725010735j:plain

 

 

最後の力を振り絞りクライミングするTK!

がんばれ、もう少しだ!

 

f:id:yamawalker:20170725010748j:plain

f:id:yamawalker:20170725010802j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725010818j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170725081014j:plain

 

かなりバテているTK。頂上はもうそこだ〜

 

 

f:id:yamawalker:20170725082146j:plain

 

 

赤岳山頂に到着!山の連なりがきれいに見える!

 

9:50分、赤岳の山頂に到着した!

急勾配を歩き、岩場をよじ登りとなかなか疲れたが

なんとか頂を制することに成功した。

 

f:id:yamawalker:20170725083028j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725083111j:plain

 

TKによれば赤岳は阿弥陀岳よりも展望がよくない、とのことだったが

そんなことはなく展望はなかなか良いぞ。

見える景色は阿弥陀岳とはちょっと違うので全く違う景色が楽しめる。

 

 

f:id:yamawalker:20170725083123j:plain

 

このような山並みは阿弥陀岳ではあまり見られなかった。

 

f:id:yamawalker:20170725083134j:plain

 

阿弥陀岳からは阿弥陀岳は見ることができない!

赤岳ならではの展望だ!

 

 

f:id:yamawalker:20170725083355j:plain

f:id:yamawalker:20170725083408j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725083459j:plain

f:id:yamawalker:20170725083512j:plain

 

 

 

やっぱりゴツゴツしてる!#赤岳 #赤岳頂上山荘 #八ヶ岳 #登山 #山頂

 

 

腹が減ったので山小屋の中で休憩でもしたいのだが、

TKはさっそく最後のおにぎりを頬張っている。

 

 

f:id:yamawalker:20170725083645j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725083654j:plain

 

f:id:yamawalker:20170725083752j:plain

 

外観は要塞のようだ。

屋根付近には機関銃も装備されている!

 

f:id:yamawalker:20170725083807j:plain

f:id:yamawalker:20170725083820j:plain

 

要塞内部は意外と広くなかなかきれいだ!

 

 

f:id:yamawalker:20170725083833j:plain

f:id:yamawalker:20170725083842j:plain

f:id:yamawalker:20170725083851j:plain

 

 

腹が減りすぎていたのでカレーがそそられる!

当然マサラカレー辛口を注文した!

 

f:id:yamawalker:20170725083901j:plain

f:id:yamawalker:20170725083913j:plain

 

にぎりを腹に納めたTKもマサラカレーを注文していたが辛さはノーマルにしていた。

食う気は満々のようだ。

 

f:id:yamawalker:20170725083923j:plain

f:id:yamawalker:20170725083932j:plain

f:id:yamawalker:20170725083940j:plain

f:id:yamawalker:20170725083949j:plain

 

見るからに辛そうだが、どうみてもラー油の赤色のような気が。。。

お味は、まあ辛い。が、空腹だったので美味い!!

 

f:id:yamawalker:20170725084000j:plain

 

マサラカレーを食べて15分ほど仮眠をとると、疲れで体がダルい〜

下山が思いやられるわ。。

 

しかし登ったからには降りないとどうにもならない。

10:50分には意を決して下山を開始した。

 

 

f:id:yamawalker:20170725084013j:plain

f:id:yamawalker:20170725084025j:plain

 

少し歩くと、今度は赤岳天望荘がある。

こっちはなんだか民家みたいな雰囲気だ。

犬とかチャボでもいたらパーフェクトなんだが。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090335j:plain

f:id:yamawalker:20170725090349j:plain

 

不要になったもの、空になった物などをまとめてある。

なるほど、物資のやり取りはこうやって行われるのか。

 

f:id:yamawalker:20170725090404j:plain

f:id:yamawalker:20170725090419j:plain

f:id:yamawalker:20170725090432j:plain

f:id:yamawalker:20170725090443j:plain

f:id:yamawalker:20170725090458j:plain

f:id:yamawalker:20170725090511j:plain

 

赤々しい頭巾をかぶった地蔵がある。

ここから下り道に入っていくのだ。

 

f:id:yamawalker:20170725090523j:plain

 

地獄のような山だけにゴツゴツとした岩が迫力がある。

転んで頭でもぶつけたら助かる余地は無さそうだ。。。

 

f:id:yamawalker:20170725090536j:plain

f:id:yamawalker:20170725090550j:plain

f:id:yamawalker:20170725090604j:plain

 

写真では少しわかりづらいかもしれないが、この斜面めちゃくちゃ急なのだ!

歩きやすいように柵なども設置してあるが、急勾配なので油断は禁物だ。

 

f:id:yamawalker:20170725090618j:plain

 

???

 

写真に左に写っているのは???

 

 

 

んん〜〜??

 

 

まさか、、、!?

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

f:id:yamawalker:20170725090632j:plain

 

 

 

なんだよ、ハエじゃねぇか。。

 

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170725105338j:plain

 

 

TKはいちおう元気だけはあるようだ。

 

これからもう一山登ってみてはいかがだろうか??

 

 

f:id:yamawalker:20170725090646j:plain

 

 

12:15分頃、やっと行者小屋に戻ってきた〜。

TKはゆっくり歩いていたのでとりあえず自分一人先に到着してしまった。

 

 

 

 

f:id:yamawalker:20170725090659j:plain

f:id:yamawalker:20170725090712j:plain

 

この時間になると流石に人も増えている。

みんな一杯やったりお昼ごはんを食べたりしている。

 

ここで汲める天然水がめちゃくちゃ美味しい!

市販の天然水と比較してみたが、比べ物にならない。

やはり何の行程も経ていない純粋な水で非常に飲みやすい。

 

もちろんタダで頂けるのだ!

 

市販の天然水を捨てて入れ替えてしまったw

 

 

f:id:yamawalker:20170725090723j:plain

 

この苔の感じがすごく良い雰囲気だ。

もののけ姫の世界を思わせる。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090737j:plain

f:id:yamawalker:20170725090750j:plain

f:id:yamawalker:20170725090803j:plain

f:id:yamawalker:20170725090817j:plain

f:id:yamawalker:20170725090832j:plain

f:id:yamawalker:20170725090845j:plain

 

 

南沢入り口まで戻ってきた!

途中TKを待っている間、アブの大群に襲撃され追い払うのに必死だった。。。

油断して少しかまれて痛かった。

 

自分の前方を行く関西人おばちゃん&おじさんもアブの大群に襲われて

おばちゃんのほうがかまれていた。

 

「いたた、何やの!?この虫!噛んだでー!」

 

と悲痛な声をあげていた。。。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090906j:plain

 

 

14:20、完全に下山終了だ!

車で着替えをしている間、ここでもアブの大群に襲われた!

今度はTKも一緒だ。。。

虫除けスプレーは必ずもっていったほうがよさそうだ。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090921j:plain

 

下山後の疲れを癒すため温泉に向かう道中、雲行きがかなり怪しくなってきた。

朝の天気予報がそろそろ当たろうとしているのか。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090933j:plain

 

今回はもみの湯に行くことにした!

 

www.lcv.ne.jp

 

 

内湯と露天風呂があって割と広く人も少ない。

露天風呂に入ろうと外に出たら大雨が降っていた!

 

あぶねぇ、雨が降る前に下山ができてよかった。。。

 

大雨の中での露天風呂は雨音と雨のニオイとが

夏の風情をかもし出してなかなかいいぞ!

 

露天風呂は屋根があるので雨が当たる心配は無い。

 

 

 

f:id:yamawalker:20170725090944j:plain

 

TKは相当お疲れのようだ。はみパンして転がっている。

この後我々は1時間ほど暴睡した。

 

眠気覚ましにコーヒーをご馳走してさしあげたらがぶがぶ飲んでいた。

 

 

f:id:yamawalker:20170725090956j:plain

 

 

暴睡後、せっかく長野にきたからには蕎麦が食いたい!ということで

蕎麦屋探しをして、本命を見つけたのだがそこはやっていなかった。

 

どうしようかと道をうろついていたら「そばきり」が目に付いたので

ここでいいや!ということで入ってみた。

 

そばきり「祥香」さんというらしい。

 

店内には日本酒がずらりと置いてあり居酒屋のようだ。

 

お客さんは我々以外に1組。

とても感じのよいお姉さんが案内してくれた。

 

 

f:id:yamawalker:20170725091008j:plain

 

 

メニューは豊富だ!

何にしようか迷った挙句、ざるそばの大盛りにした!

 

f:id:yamawalker:20170725091020j:plain

f:id:yamawalker:20170725091030j:plain

f:id:yamawalker:20170725091041j:plain

 

 

この前菜のお漬物がめちゃくちゃ美味しい!!

どうやら無添加の手作りのようで、これだけでも購入して帰りたいくらいだった。

 

 

f:id:yamawalker:20170725091052j:plain

 

 

蕎麦も風味が豊かで美味しい!

食べログの評価はイマイチだが、やっぱり当てにならんな。

好みだろうが、自分の目と舌で確かめるのが一番だ。

 

マクロビを取り入れたメニューを提供するお店のようで

適当に入った割りに以外にも素敵なお店に当たった。

 

おいしかったです、ごちそうさまでした!

 

 

f:id:yamawalker:20170725091102j:plain

 

 

f:id:yamawalker:20170727082111j:plain

f:id:yamawalker:20170727082117j:plain

 

 

 本場の蕎麦を堪能した後は岐路に着きつつ

TK号の中で次回の登山プランのミーティングだ。

行きたい山がたくさんできてしまって選択に困る。。。

 

f:id:yamawalker:20170727082123j:plain

 

 

 

赤岳はとにかく急勾配&崖のオンパレードだった

 下から見ても山頂付近はゴツゴツして

地獄を思わせるかのような山だと思っていたが、

実際に登山してみてもかなり急勾配の多い山だった。

 

 特に阿弥陀岳を目指す場合には

鎖場がある場所もあるが、ほとんどクライミング状態になってしまうので

かなり気をつけたほうがいい。

 

実際自分も足を踏み外してしまうのではないかと思うくらい

崖っぷちに立った感があった。

 

強風に煽られたら一環の終わりだ。

 

しかし阿弥陀岳、赤岳、両山ともに違った絶景が楽しめ

八ケ岳最高峰を制する気持ちのよさも味わえた。

 

AM4:30スタート、山小屋でのランチ休憩をはさんで

PM14:20下山完了

 

トータル8時間の登山行程だった。

 

そしてひとつだけ要注意

 

 

下山したら大量のアブにたかられる!!

 

虫よけスプレーは持っておくことを強くおススメする。